元模型雑誌編集長が証言「オタキングは模型の達人です」第一話





オタキングこと模型評論家の岡田斗司夫のツイッターが久しぶりに模型について語った。
ディープなおたくが集まるメイド喫茶xyz(仮名)でもこの話題で持ち切りだった。
「皆の衆、オタキングのツイッター見たでござるか?彼の作ったムーミンハウスの模型は見事でござったなあ」
常連客の一人がそういうと他の常連客たちが次々と反論した。
「でもオタキングにはゴーストモデラー疑惑があるでござるよ」
「そうでござる。きっとあのムーミンハウスもゴーストに作らせてオタキングが手柄を横取りしたに決まってるでござる」
「あの画像は5年も前に撮影されたのを再アップしただけでござる。もしオタキングが自分で作ったとしても5年もブランクがあったらもう彼の模型の腕は地に堕ちてるでござるよ」
「さよう。オタキングはオワコンでござる」
その時、カウンター席の奥に黙って座っていた初老の男性が突然立ち上がって叫んだ!
「ちょっとあなた達!オタキングの本当の腕前を知らないくせに偉そうに批判しないでちょうだい!」
男性なのに女言葉を使う変な人だがサブカル業界では珍しくない。この業界には男なのに女言葉を使う人や人間なのに猫語を使う人が多いのだ。
その初老の男性の顔を見たケイタさんが叫んだ!
「あっ!あなたは模型雑誌A(仮名)の編集長でござるな!」
店内がざわついた。模型雑誌A(仮名)は出版部数が少なく大手一般書店では入手不可。なので誰も存在を知らないがコアな模型おたくの読むディープな雑誌としてマニアの間で噂になっていた。
ケイタさんの呼びかけに初老の男性は自虐的な笑みを浮かべてこう答えた。
「ふふ、あたいが編集長だったのは昔の話よ。今のあたしの肩書は『元』編集長」
そう。ここ数年の出版不況の煽りを受けて模型雑誌Aも去年廃刊になってしまったのである。
初老の男性はカバンから模型雑誌A(仮名)の最終号を取り出して巻頭ページを開いた。
美しいジェットビートルのプラモデルの写真が掲載されている。
それを見た常連たちから次々と賞賛の声が漏れた。
「ほほう、これは去年バンダイから新発売されたメカコレクションシリーズの小型ビートルでござるな」
「むむ、難易度が高いと評判のこの製品を見事に完成させているでござるな」
「さぞかし名のあるプロモデラーが制作したに違いないでござる」
すると元編集長が言った。
「それ、オタキングが作ったのよ」
「えっ!」
(次回に続く)

楽天市場

Amazon