当ブログが復刊を予言した声優雑誌「Pick-upVoice」が本当に復刊!





遂にやった!
当ブログが2016年09月29日の記事で予言した「Pick-up Voice」の復刊が実現したのだ!
復刊第一弾はハルヒの小泉役でお馴染みの小野大輔やアマガミSSの梅ちゃん役でお馴染みの寺島拓篤他4人のイケメン男性声優が表紙を飾り巻末特集では竹たっちゃんこと竹達彩奈と悠木碧のpetit miladyを特集する濃いミーハー向けの内容となっている。
そしてこの雑誌の復刊を予言したこのブログの管理人の僕も世間から絶賛されることになった。
いつものように僕がメイド喫茶xyz(仮名)に行くと店内に入った途端「あ、サスケ殿が来たでござる!」と声がした!
その直後パパパパーン!とクラッカーの音が鳴り響き、常連さんとメイドさんが一斉に「Pick-up Voiceの復刊予言的中おめでとう!」と言った。
パチパチと拍手が続く中、この店一番人気のキャサリンちゃんから花束が贈呈された。

僕は天にも舞い上がる気分だった。
店長さんが言った。「今日は僕のおごりでござる。好きな物を注文しなさい」
僕はお言葉に甘えて萌え萌えオムライスと胸キュンクリームソーダ、そしてツンデレ春巻きセットを頼んでカウンター席についた。
他の常連客と雑談していると店長が言った。
「サスケ君、君今日からバズーカのサスケと名乗ったらどうでござるか?」
店内の客全員から「おぉ~」という声が上がった!
「バズーカの◯◯」というのはオタクの街秋葉原とサブカルの街吉祥寺で流行っている自称である。予想や予言を的中させた者だけが「バスーカ並の命中精度のある予想ができる人物」という意味で自称を許される。
アメリカ大統領選挙で「トランプ候補が30パーセントの確率で勝つ」という予想を的中させた政治評論家の岡田斗司夫先生がバズーカの岡田を自称するようになったのは記憶に新しい。
僕は照れて真っ赤になって言った。
「そ、そんな!吾輩はまだまだオタキングと同じレベルには達していないでござるよ!これからもっと修行して3日後くらいにその名を名乗るでござる」
僕の謙虚な発言に店内から「おぉ~!」と歓声が上がった。
僕はますますの研鑽を誓って出された萌え萌えオムライスを食べ始めた。