オタキングが突如渡米!その目的を推理!





オタキングこと岡田斗司夫といえば関西ローカルの土曜のニュース解説番組「正義のミカタ」の一流レギュラーコメンテーターとして有名だ。
ところが今週10日放送の回ではオタキングが出演していなかった!視聴者騒然である。
東京では小池都知事が豊洲市場移転に関して「都庁全職員を粛正する」と発言し話題になったばかり。
このため「正義のミカタでも粛正の嵐が吹き荒れたのか」と心配した視聴者も多いはずだ。
でも大丈夫。実はオタキングは今週末突如渡米してLAことロサンゼルスを訪問しているのだ。おそらく帰国後は今まで通り元気に一流番組の正義のミカタに復帰して一流のコメントを連発してくれるはずだ。

さてこうなると僕らアニメオタクにとって気になるのはオタキングが渡米した目的である。
アニメ業界関係者が渡米する目的と言えばたいてい作品のための取材である。
例えば名作OVA「ガンスミスキャッツ(GunSmith Cats)」では銃撃戦のリアルな描写を実現するためにスタッフが渡米し警察署の地下射撃場で実弾射的を体験する様子が当時のVHSソフトの巻末に収録された。また銃声の録音も現地で行われ見事なハイファイ音声で収録されたため作画・音質ともに怖いほど生々しい出来になっている。この作品は日本では正規版のDVDが発売されなかったが本場アメリカではDVDが発売されている。つまり銃の本場アメリカのファンが銃のリアルさを認めたということだろう。

オタキングの場合は現在「みんなのアニメ」という作品の制作に関わっているそうだ。そう考えると今回の渡米はこの作品の取材のためと考えるのが普通だろう。「みんなのアニメ」はオタキングが徹底的に秘密主義なので大雑把な内容すら漏れ聞こえてこない謎の作品となっているわけだが今回オタキングが渡米したのを見るとアメリカを舞台とした物語になる可能性が50パーセントくらいではないかと僕は推理したのだが皆さんの予想はどうだろうか。
なおオタキングは毎週日曜夜8時からニコ生の番組をやっているが今夜8時の放送はLAからの生中継らしい!もしかしたら何か新しい発表があるのかもしれない。もし何も発表がなかったら視聴者はがっかりするがオタキングが僕らの期待を裏切るはずがない。わざわざアメリカから生放送するのだからきっと面白いことを言ってくれるに決まってる!すごく楽しみだ。

太平洋の海辺に立って夕日を見るたびに僕らはオタキングを思い出す。
この海の向こうに笑顔の彼がいる。
ありがとうオタキング。そしてフォーエヴァー。