空前の健康番組ブーム!オタキングに出演依頼殺到か?!





高齢化社会を反映して地上波のテレビ番組は健康番組が多数制作されている。
いろんな芸能人が大勢出演しているがやはり闘病経験のある芸人が有利だ。
どんな番組でもある程度のフリートーク部分があるので自分の病気の経験を語れるゲストが重宝される。
吉本興業所属芸人では元ほっしょんこと星田英利がEテレの健康番組の司会をしている。
また癌の闘病経験のある宮迫博之はアフラックのテレビCMの座をゲットした。
月9の視聴率崩壊でドラマはジリ貧、バラエティはナイナイもとんねるずも低調。
とんねるずは闘病経験がないからこのザマだ。ナイナイは岡村だけ闘病で休業したが病名を公表しなかったので健康番組に呼ばれない。
もう時代はドラマもバラエティも必要としていない!今は健康番組と闘病芸人が最先端なのだ!
こうなると吉本興業所属芸人の中で今年一番活躍が期待されるのはオタキングこと岡田斗司夫だろう。
この人ほど病気や怪我の経験の多い人は他にいない!
なにしろ去年一年で二回も骨折して病院通いをしている。
一昨年は鼻血が止まらなくなって救急車で運ばれオフ会が中止になった。

さらにその前の年はかなり危険な状態で心療内科に緊急入院した。
それ以前にも皮膚が弱くて突発的にギターが弾けなくなるなどの急病を経験している!
そうなると気になるのがオタキングがどの番組に出るかだ。
やはり一番候補になるのは元ほっしゃんこと星田英利が司会を務めるNHK・Eテレの健康番組だろう。
NHKとオタキングは長年マンガ夜話で付き合いがある。
司会の星田英利は去年引退宣言をしているから同じ吉本芸人のオタキングが後任になる可能性は高い。
あとはテレ朝の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の司会だ。
はっきり言ってビートたけしはフガフガフガフガ何を言ってるのかわからないので限界だろう。トークが達者で病気に詳しいオタキングの方が司会に向いている。オタキングは朝日新聞の人生相談コーナーを担当しているので朝日と縁が深い。
もしも今年もオタキングが何かの病気で倒れたら地上波各局の健康番組から出演依頼が殺到するに違いない。
頑張れ僕らのオタキング!