ベッキーの渡米報道はオタキングの真似なのか?





我が国でもっとも権威ある新聞の一つ東京スポーツが有名芸能人ベッキーの渡米計画について報道している。
ベッキーは典型的な外人顔なのに英語がほとんどしゃべれないのがコンプレックスなので米国在住の妹のところに語学留学するのではないかと記事では伝えられている。
しかし僕らおたくはこの記事を見て「甘いな」とつぶやいた。いい線行ってるが考察が足りない。
ここ数日話題になった「重大渡米文化人」の名前が記事に出てこないからだ。
僕らおたくなら誰でもご存知の通りオタキングこと岡田斗司夫氏が先週、つまりこの記事の直前に渡米しロサンゼルスからニコ生の日米生中継という快挙を成し遂げているのだ。
そしてオタキングは以前のニコ生でスキャンダルバッシングに悩むベッキーに対して誠実なアドバイスをして話題になった。
だからおそらくベッキーはオタキングを信頼しているに違いない。
今回オタキングが渡米した直後にベッキーが突然渡米を考えたのは尊敬する一流ニコ生主オタキングの真似をして米国生中継でニコ生主としてデビューする計画ではないかと僕は予想したが皆さんの予想はいかがだろうか。
最近では深キョンこと深田恭子や平野綾のインスタが話題になっているのを見てもわかるように芸能人はテレビだけでなくネット戦略も大事になってきた。テレビから干された状態で悩んでいるベッキーがネットで人気のオタキングの真似をして一発逆転ホームランを狙うのは当たり前田のクラッカーと言わざるをえない。