岡田斗司夫と吉田豪がゲームで対決?!勝利はどっちだ?第二話




(前回の続き)
同人ゲームのときめきオタキングであっという間にゲームオーバーになってしまった。
プレーヤーネームを「オカダトシオ」にすると裏技が使えるという。さっそく言われた通りにして再プレイに挑戦だ!
主人公のパラメーターを確認した僕は「あっ!」と驚きの声を上げた!
頭脳・体力・モテモテ度・フォロワー数の4つのパラメーター全てが2000という超人的な数値になっている!
ちなみにプレーヤー名を「キリスト」や「ブッダ」という偉人の名前と同じにしてもパラメーターはせいぜい200~300。すごい裏技が発動したようだ!
4月1日。
入学式のために主人公オカダトシオが高校の門をくぐると美女とぶつかった!
美女がいきなり言った!「私と付き合ってください!」
『ヘイやったぜ!一人目の恋人ゲットだぜ!』と画面に表示された。
体育館で入学式が始まった。新入生代表で優等生タイプの美少女が壇上に上がった。
挨拶をするかと思ったら美女はいきなり叫んだ!「オカダトシオ!私と付き合ってください!」
『ヘイやったぜ!2人目の恋人ゲットだぜ!』と画面に表示された。
入学式が終わると各自の教室でホームルームが始まった。
順番に自己紹介するクラスメートたち。するとクラスで一番美女が言った。
「ただの人間には興味ありません!宇宙人、未来人、オタキングがいたら私の所に来なさい!以上!」と言って座った。
画面に『ヘイやったぜ!3人目の恋人ゲットだぜ!』と表示された。
こんな調子で画面の中の「オカダトシオ」は次々と恋人を増やして遂に80股状態になって卒業式を迎えた。
伝説の木の下に80人の恋人を呼び出して愛の告白!
その結果・・・全員がOK!
オタキング大勝利でゲームはハッピーエンドを迎えたのであった。

こうして僕は同人ゲーム『ときめきオタキング』のプレイを終えた。僕の後ろで見ていたギャラリー達が拍手して次々と絶賛している。だがそれは僕ではなく「オカダトシオ」への絶賛の声であった。
「すごくリアルなゲームだね!」「やっぱりすごいぞオタキング!」
そんな声が溢れるメイド喫茶xyzの土曜であった。