ついに発見!岡田斗司夫のコミケスタッフ8000人発言の根拠!




炎上を逆手に取って話題作りをする炎上イノベーションというメソッドが注目されている。
発明したのはオタキングこと岡田斗司夫である。
彼はつい最近けものフレンズを一話で切ると宣言したのに結局は全部見てその批評を有料ゼミで行うと宣言!これが「掌返し」だと批判されまくって炎上し注目された。商売上手だ。
そのオタキングがけもフレ炎上に続いてまた炎上した。今度はコミケに関してこんな発言をしたのだ。
「コミケには、実はスタッフが8千人いるんですよ。スタッフが8千人って、すごいんですよ。8千人いるから、なんにでも対応できるんですね」
ところがその直後コミケ運営の人が「あ、一部で話題になっていましたが、準備会スタッフのここ最近の登録者数は、約3100人~3200人くらいです。はい。」と発言したからさあ大変だ!

オタキングこと岡田斗司夫に対して「嘘つき!」と激怒の声が殺到、けもフレ以上の炎上状態となってしまったのだ。
だが僕は考えた。自らおたくの王様を名乗る岡田氏が何の根拠もなく8000人という数字を出すだろうか?
僕は独自調査を開始した。その結果、8000人発言の根拠を見つけた!
これだ!
オタキングは「いま、視聴予約が8000人越え!新記録更新中です。」と過去に発言していたのだ!
つまりオタキングは自分のニコ生の予約数である8000という数字が頭のどこかに残っていてそれをコミケスタッフの数と間違えたに違いない。
実は僕も似たような経験がある。お母さんに買い物を頼まれて一万円を預かった。買い物は全部で千円だったので自宅に帰ったらお釣りを9000円返さなければいけないのにウッカリ8000円だけ渡してしまったので「9000円でしょ!」と怒られたのだ。
お正月にお年玉を8000円もらったので頭の中に8000円という金額がこびりついていたようだ。
これと似た経験は誰にでもあるはずだ。僕らには岡田氏を責める資格はない。

なお炎上イノベーションについて、オタキング以外ではお笑い芸人キングコング西野亮廣も最近この手法を積極的に芸能活動に取り入れている。キンコン西野はこの他にも岡田斗司夫が過去に行ったクラウドファウンディングによる資金集めを真似するなど岡田氏をかなり崇拝しているようだ。岡田氏と西野氏はコラボイベントを開催したこともある。岡田氏が何か新しいことをやったら周回遅れで西野氏が真似するというのがパターン化しつつあるようだ。

楽天市場