浅田真央の引退特番視聴率振るわず!民放各局岡田斗司夫引退特番で挽回か?!




フィギュアスケート浅田真央選手の引退特番が低視聴率だったので驚きの声が上がっている!
テレビ朝日の特番が5.7%でフジテレビの特番が7.3%とマスコミが大騒ぎしていた割りに悲惨な数字だったのだ!
ここでクローズアップされるのが放送局だ。
テレビ朝日とフジテレビと聞いて何か思い出さないだろうか?
「あっ!」(←思い出した声)
そう。どちらもオタキングこと岡田斗司夫と関わりの深い放送局なのだ!
テレビ朝日は報道ステーションのゲストとしてオタキングを呼んだことがある。
司会のフルタチさんは「いろんなお話が聞けました」とオタキングの幅広い知識を絶賛!
そしてフジテレビの方は去年お昼の大人気番組バイキングにダイエットの教祖としてオタキングを呼んだ。司会の坂上さんは「この人おもしろいな」とやはりオタキングの話術を大絶賛していたのだ。
今回の浅田真央特番低視聴率の穴埋めにこの二つの局がオタキングの引退特番を放送する可能性はゼロではないと思う。
現在58才のオタキングは65才で引退すると宣言している。あと7年の間に民放各局からオタキングへの取材以来が殺到する可能性はゼロではないだろう。
また引退した浅田真央さんをかなり高いギャラを提示してスポーツキャスターとして迎えようという動きが民放各局にあるらしい。
浅田さんと契約できなかったテレビ局はオタキングをスポーツキャスターとして迎える動きも出てくるかもしれない。
オタキングといえば10年前にすでにプロ野球人気の低迷を予言し当てた実績がある。
また岡田氏本人もウインドサーフィンが趣味と公言するスポーツマンである。

実現したら東京オリンピックの現場から中継するオタキングの姿が見られるかもしれない。