亀山社長ついに退任!フジテレビの不調はオタク層の取り込み失敗が原因?!




フジテレビが遂に決断した!
亀山千広社長と日枝久会長が揃って退任することになったのだ!
社長の後任はビーエスフジの宮内正喜社長になるらしい!
退任理由はまだ正式発表されていないが視聴率の低下が深刻な状態になっていたのでその責任を取ったという見方が圧倒的だ!
ではなぜフジテレビの視聴率は惨敗続きなのか。
今回はこの件を検証しよう!
ネットでよく言われている原因が大きくわけて2つ。
韓国ドラマのゴリ押しとスポーツ中継などでの露骨な韓国エコヒイキで日本人の視聴者に嫌われたというのがまず1つ。もう一つは単純に番組そのものがつまらないからというものだ。
だが僕はこの他にもう1つ大きな原因があると思っている。

それはアニメファンいわゆるオタク層の取り込みに失敗したということだ!
民放テレビ4局には「振り向けばテレ東」という諺がある。視聴率惨敗を続けるとやがてテレビ東京に追いつかれますよという戒めの諺だ。
だがそのテレビ東京は近年視聴率が絶好調と伝えられることが増えた。
それは近年国民のオタク層パーセンテージ増加に伴って昔から地道にアニメコンテンツを量産してきたテレビ東京が国民の多くから注目されるようになったからだ!
あの国民的大ヒット作おそ松さんけものフレンズのどちらもテレビ東京の作品なのでこの分析は絶対間違っていない。今時代の最先端はテレビ東京なのだ!
それに比べると大手の民放4局はなんとも情けない。
フジのサザエさんもテレ朝のドラえもんも昭和時代の遺物でなんとか食いつないでいるだけ!
「振り向けばテレ東」などと失礼なことを言ってる暇があったら時代を切り開く斬新な新作アニメを作ってテレ東を追い越すくらいの気概を見せてみろ!
テレビ朝日なんかけもフレブームに便乗してけもフレのオープニング曲を歌っているグループをミュージックステーションのゲストに呼んだ!情けない!

だが実はフジテレビもオタク層を取り組むための努力をしたことがあった。
オタクの間で話題沸騰だった声優平野綾をしつこく引っ張り出したのだ。
しかしこの戦略は間違いだった。フジが平野綾を引っ張り出した時すでに彼女は恋愛スキャンダルで失脚しオタクたちの間でバッシングの対象になった後だったのだ!それなのに番組では「人気ナンバーワン声優」などとトンチンカンな紹介字幕を出していた。平野綾は話題性はあったがもう人気はなかったのだ!これによってフジはオタク層から嘲笑され取り込み作戦は完全失敗した。

だがフジは諦めなかった!去年オタク層取り込み作戦第二弾が決行されたのだ!
お昼の番組バイキングにオタクの王様オタキングこと岡田斗司夫をゲスト出演させたのだ!
ところがこれも頓珍漢!オタキングを出すならアニメやスター・ウォーズについて話を聞けば良いのになぜか番組内ではダイエットに失敗したオタクの王様という扱いだった。これにはオタキングも「作為的な編集をされた」と激怒!またしてもフジテレビはオタク達の信頼を失う結果となってしまったのだ。去年サザエさんの視聴率低下が話題になったがそれがちょうどオタキングのバイキング出演の頃だった。ダブルパンチでノックアウトだ!

新社長となって新しい船出を決めたフジテレビ。果たしてオタク層取り込み作戦第3段はあるのだろうか?
日曜夜のフルタチさんをリニューアルしてオカダさんのタイトルで放映するくらいの冒険は必要だと思う。