ドミノ・ピザこそ渡米の証拠!オタキング岡田斗司夫はピザについてもマニアックだった!

オタクの王様オタキングといえば食通としても有名だ。
なにしろキャビア、フォアグラ、トリュフの世界三大珍味からラーメン、ポテトチップス、コーラのようなジャンクフードまで全てを自分の舌で確かめ評論した実績の持ち主なのだ。
彼がレギュラー出演していたNHKのBSマンガ夜話で美味しんぼを取り上げようとしたのだが結局実現しなかった。
このテーマだと食通の岡田斗司夫が喋りすぎて危険だからやめようということになったと言われている。

さてこのような事情から岡田斗司夫について話題になると食文化についての話題になることが多い。
先日もネット掲示板に「オタキングがドミノ・ピザを注文した」という書き込みがあったのだがこれをきっかけに議論が沸騰することになった。
実はオタキングは現在アメリカ旅行中。それなのにドミノピザを注文したという目撃情報があったので「オタキングがアメリカに行ったというのは嘘で吉祥寺の自宅でドミノ・ピザを食べている!」とアンチオタキングが騒ぎ出したのだ。
だが僕はこの騒動の顛末を聞いてこれはおかしいと思った。
なぜならオタキングのご贔屓はシカゴピザなのだ。
なにしろ本場のシカゴピザを食べてみたいという理由だけでアメリカのシカゴに旅行に行くほどのシカゴピザおたくなのだ。
「シカゴピザは僕にとって水や空気のような存在。なくなったら死んじゃう。」と語ったほどだ。
つまりオタキングがドミノ・ピザを食べるはずないのだ。
ではこの書き込みはどういうことだろうか?

テレビに出た一流芸能人がいっていたが高級マンションに住んでいる人の場合、海外旅行などで長期に部屋を開ける時は空き巣防止のために知人に部屋を貸すのが常識らしい。
そしてオタキングも超高級マンションに住んでいると自慢していた。おそらくオタキングが「旅行中は留守番頼む」と誰かに部屋を貸していたのだろう。
つまり留守番をしていた人が岡田斗司夫の名前でドミノ・ピザを注文したと考えるのが妥当な推理だろう。
やはりオタキングは本当に渡米していた。彼は去年から一体何度海外に旅行しているのだろう。
まさに世界を股にかけるビジネスマン。やっぱりすごいぞオタキング!