医療の事情通が「岡田さんの画像は本物」と証言





ディープなおたくが集まるメイド喫茶xyz(仮名)
本日は祭日なので朝から大混雑だ。客の話題はもちろんオタキングこと岡田斗司夫氏の右足中指骨折騒動。
この店には岡田ファンも岡田アンチも両方いるので議論が沸騰した!
アンチ岡田の常連客の一人が叫んだ!
「オタキングの骨折は仮病に決まってるでござる!きっと大阪に行くのが面倒だから仮病を使ったでござる!」
すると岡田ファンの常連客が大声で反論した!
「反論!岡田どのはちゃんと証拠のレントゲン画像もUPしてるでござるよ!」
するとアンチ岡田がさらに反論した。
「どうせ偽画像に決まってるでござる!岡田どのは画素の専門家という事実をお忘れなく!」
その時店にハンサムな青年が入ってきた。

「やあ、グーテンモルゲン!」

ドイツ語だ!
店内の客の視線が一斉に彼に集まった。
彼はこの店の常連客の一人。名字は「テンマ」らしいが彼の仕事や過去などそれ以上の詳しいことは誰も知らない。だが彼と雑談すると驚くほど高度な医学知識を披露しいつも医療保険を勧めながらきれいなパンフレットをただでくれる。だからいつしか彼は他の常連客から「天才医師のテンマ」と呼ばれて尊敬されるようになった・・・

アンチがテンマさんに言った。
「ちょうどよかったでござるよテンマどの!オタキングがフェイスブックに公開しているレントゲン画像が本物か偽物か判定してほしいでござる!」
するとテンマさんは驚いて言った。
「ちょっと、いきなりなんでござるか?オタキングに何かあったでござるか?当方昨夜からレジュメの作成が忙しくてネットもテレビも見てないから事情がわからないでござるよ!」
すると他の常連たちがオタキングが骨折してフェイスブックにレントゲン画像をUPしたが疑り深いアンチを中心に「偽画像ではないか」という疑惑が囁かれていることを説明した。
テンマさんの目がスッと細くなった。プロの目だ!彼は黙って頷くと白衣を着てカバンからノートパソコンを取り出した!
フェイスブックにアクセスしてしばらくオタキングのUPしたレントゲン画像を見てからこういった。
「これは間違いなく・・・本物です!」
その瞬間店内にいた全員から「ワアッ!」と歓声が上がった。メイドさん同士が抱き合っている。
アンチ岡田の客がショックを受けながら言った。
「そ、そんな馬鹿な・・・オタキングは画素の専門家だからレントゲン画像の捏造くらい朝飯前のはず・・・」
そして彼は会計を済ませるとトホホと言いながら店を出ていった。
敗北者の背中はいつも惨めだった。

ディープなおたくが集まるメイド喫茶xyz。この空間には真実しか存在しない。