骨折で重症のオタキングがテレビ出演強行!





オタキングこと岡田斗司夫氏が23日にブログを更新し今後のテレビ番組出演予定などが明らかになった。
オタキングは先日の右足中指骨折の影響で大阪の仕事をキャンセルして全国60億人のファンを心配させたばかり。
各界著名人からも今後の仕事への影響が注目されていたわけだが出演予定に24日に生放送される人気番組「正義のミカタ」が記載されており、メイド喫茶の常連客の間で驚きの声が広がっている。
オタキングといえば東京の吉祥寺在住。ところが出演を予定している正義のミカタという番組は大阪のスタジオからの生中継である。
右足中指骨折という重症でありながら仕事を休まずにやり遂げようとするオタキングのプロフェッショナリズムに多くの人々が感動しているようだ。
実はオタキングが骨折したあと、彼を激励するための食事会が開かれたことが芸術家村上隆氏の証言で明らかになっている。
村上氏以外の出席者は海洋堂の宮脇センムやジブリの額田氏など錚々たる面々。
おそらくその席上で「オタキング、無理をせずに仕事を休んだ方がいい!」「体は大事だ!」と他の人から休養を進められたに違いない。
だがプロフェッショナリズムの塊のオタキングはきっとこう答えたに違いない。
「この右足中指がどんなに重症でも、僕の出演を楽しみにしてくれている視聴者がいるかぎり僕は這ってでも大阪のスタジオまで行かなければいけないのだ!たとえ全身複雑骨折でも僕は仕事をすっぽかすわけにはいかない!」
そしてその場にいた全ての人々がオタキングのプロフェッショナリズムに涙を流すのだ。
さらにオタキングはこう付け加えるはずだ。
「でも大阪に行く一番の目的は仕事帰りに串カツ田中に寄って腹ごしらえするためだけどね」
この洒落たジョークで同席者全員に笑顔が戻るはずだ。

休載ばかりのジャンプの漫画家はオタキングのプロフェッショナリズムを見習ってはいかがだろうか。