有野課長も肋骨骨折!オタキングを意識か?





D-DAYのボーカル川喜多美子が急性骨髄性白血病で闘病していることが明らかになるなど芸能人の闘病のニュースが相次いでいる。
よゐこの有野晋哉も闘病中だ。先日肋骨を骨折したのだ。
彼はスカパー!の人気番組ゲームセンターCXの司会者「有野課長」としてゲームオタク、特にレトロゲームが好きな人々に親しまれている。
有野課長はゲームばかりして運動不足で体が弱っているのかもしれない。
灼熱の卓球娘を参考にして卓球で健康増進してはどうだろうか。

肋骨の骨折といえばオタキングこと岡田斗司夫氏を思い出す人も多いだろう。オタキングの方が先に骨折したので有野課長はオタキングの後追いである。またオタキングもスカパー!の番組でレトロゲームのゼビウスやスペランカーを熱く語っていた。
つまり有野課長とオタキングは「レトロゲーム」「肋骨骨折」という2つのキーワードでかぶったライバル同士ということになる。

最近芸能界でオタキングの行動を真似するのがブームになっているようだ。
先月オタキングが渡米したらその直後にベッキーの渡米計画がネットニュースで伝えられた。
そしてつい先日は長谷川豊氏がオタキングの炎上イノベーションを真似していくつかの仕事を失ってしまった。
そして今回の有野課長の肋骨骨折である。骨折だけでも真似なのに「肋骨」という場所まで同じである。
メイド喫茶xyz(仮名)のある常連さんが「模倣は尊敬の始まり」と言っていた。
芸能界でオタキングをリスペクトする動きが広がっているのは明らかだ。

やっぱりすごいぞオタキング。