トランプ勝利の影響がメイド喫茶にも波及?!トランプの任天堂の株価は?!





9日に結果が判明したアメリカ大統領選挙の熱気は翌日になっても冷めずますますヒートアップしている!
世界中で同じ状況なので地球はますます温暖化だ!まったくやっかいな男が当選したものだ!
僕は本日ディープなオタクが集まるメイド喫茶xyz(仮名)に行ってきた。
店に入った瞬間僕は「あっ!」と声を上げた。
な、なんと!カウンター席に座った常連さんがメイドさんとトランプゲームで遊んでいるではないか!
メイド喫茶xyzのメニューに記載されているメイドさんとのミニゲームは「あっち向いてホイ」と「コックリさん」だけのはずだ。もちろんどちらのゲームもお金がかかる。コックリさんの方がメイドさんの指と触れ合えるので値段が高い。資本主義の原則である。
ゲームを終えたメイドさんに聞くと今日から新しくトランプゲームがメニューに加わったという。クリントンが勝利だったらきっと栗きんとんがメニューに加わったに違いない。今後は超一流トランプ製造企業任天堂の株価にも注目が集まるだろう。

大統領選挙の話題に関して我が国においてはやはりオタキングこと岡田斗司夫が「トランプ候補の30パーセント勝利」とレギュラー番組「正義のミカタ」で発言し、見事に予想を的中させたことが都内のインテリ喫茶などを中心に話題になっているようだ。
この発言を聞いたアンチ岡田の中には「候補者が二人しかいないのだからトランプが30パーセントならクリントンが70パーセントでクリントンの勝利だろう」などと揚げ足を取る者がいた。だがこれは間違いだ。
なぜなら候補者が二人だけでも予想的中確率は50パーセントになるわけではないからなのだ。
つまり「両方負け」という可能性も考慮しなければいけない。例えばアメリカに超巨大隕石が落下して大惨事が発生すればアメリカ大統領選挙は中止になるだろう。両者敗北である。
もしもこの「両者敗北」の可能性をだいたい50パーセントと試算した場合どうなるか?
オタキングの発言した「トランプ30パーセント」ならばクリントン勝利の可能性は引き算すれば20パーセントということになる。
候補者が二人しかいないから勝利者をどちらに予想しても正解確率は50パーセントと思うのは知的怠慢。
オタキングはそこまで深く考えて「トランプが30パーセントの確率で勝利」と発言したのだと思う。
やっぱりすごいぞオタキング!