ミニサイズのファミコンが品切れ続出の大好評!レトロゲーブーム到来の予感!





昭和のファミコンブームを知る大人ゲーマーの購買意欲をくすぐる製品が発売された。
ファミコンを手のひらに乗るほどのミニサイズに縮小した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売されたのだ!
ファミコンミニ
ただしデザインはオリジナルとそっくりだが単なるサイズダウンではなく時代に合わせた数々の変更が行われている。
最大の変更は人気のゲームソフト30タイトルがあらかじめ本体に収録されているのでゲームソフト購入不要でそのまま遊べるということだ。
収録タイトルは以下の通りだ。

ドンキーコング 1983/7/15 任天堂
マリオブラザーズ 1983/9/9 任天堂
パックマン™ 1984/11/2 ナムコ
エキサイトバイク 1984/11/30 任天堂
バルーンファイト 1985/1/22 任天堂
アイスクライマー 1985/1/30 任天堂
ギャラガ™ 1985/2/15 ナムコ
イー・アル・カンフー 1985/4/23 KONAMI
スーパーマリオブラザーズ 1985/9/13 任天堂
ゼルダの伝説 1986/2/21 任天堂
アトランチスの謎 1986/4/17 サンソフト
グラディウス 1986/4/25 KONAMI
魔界村® 1986/6/13 カプコン
ソロモンの鍵 1986/7/30 テクモ
メトロイド 1986/8/6 任天堂
悪魔城ドラキュラ 1986/9/26 KONAMI
リンクの冒険 1987/1/14 任天堂
つっぱり大相撲 1987/9/18 テクモ
スーパーマリオブラザーズ3 1988/10/23 任天堂
忍者龍剣伝 1988/12/9 テクモ
ロックマン®2 Dr.ワイリーの謎 1988/12/24 カプコン
ダウンタウン熱血物語 1989/4/25 テクノスジャパン
ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ 1989/12/22 テクノスジャパン
スーパー魂斗羅 1990/2/2 KONAMI
ファイナルファンタジー®Ⅲ 1990/4/27 スクウェア
ドクターマリオ 1990/7/27 任天堂
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 1990/10/12 テクノスジャパン
マリオオープンゴルフ 1991/9/20 任天堂
スーパーマリオUSA 1992/9/14 任天堂
星のカービィ 夢の泉の物語 1993/3/23 任天堂

これだけ入っていれば好きなタイトルがきっとあるだろう。
メーカー希望小売価格は6,458円(消費税8パーセント込み)。当時のファミコンソフトの価格を考えれば2本クリアで元は取れる計算だ。

接続方式はオリジナルではRF入力でアンテナ線でテレビに繋ぐ方式だった。メカに弱い人には難しい接続方式で画質も悪かった。だが今回の「ミニ」ではHDMI端子でテレビにかんたんに繋げるようになっている。レトロゲームおたくの中には今でも古いブラウン管テレビを所有している人もいると思うが「ミニ」は液晶テレビで遊ぼう。
その他の注意点ではUSBケーブルで電源供給が行われるのでそれに対応したACアダプターとケーブルが必要だ。USB用アダプターは任天堂純正の物が同時発売されているので一緒に買おう。
すでに各小売店では品切れ状態。まさに大人気だ。アマゾンのカスタマーレビューを書いている人の情報によると二次出荷は12月13日だそうだ。生産が追いついて多くの人がこの製品を手に取った12月以降にレトロゲームブームがくる予感がする。
昭和のファミコンブームをリアルタイムで知っているオタキングのような古株のおたく評論家の評論にも注目が集まるだろう。