58才で頭フサフサ!オタキングの頭髪に「うらやましい」の声多数!





この秋、薄毛の鉄道オタクにとって残念なニュースが報じられた。
以前から継続困難なほど赤字を続けてきた留萌本線の留萌・増毛駅間がこの12月4日、つまり明後日で廃止が決定してしまったのだ。
「増毛駅」は「ましけえき」が正しい読み方なのだが「ぞうもう」と掛けて頭髪に縁起が良いということで、増毛を願う人々にとっては信仰の対象となっていたのだ。

さて増毛駅消滅のニュースが薄毛の人々を悲しませる中、58才という年齢でありながらふさふさの頭髪を持った有名人が注目を集めている。オタキングの愛称で知られる岡田斗司夫だ。
きっかけは毎日新聞のサイトに掲載されたインタビュー記事内の写真である。

毎日新聞のサイトにGO!

毎日新聞といえば超有名な新聞。オタキングの写真を見た人々の反響はすごかった。
「58才でこんなにふさふさで羨ましい!俺なんか40代で薄毛なのに!」
「ふさふさの秘訣を教えて欲しい!やっぱり高級キャビア中心の食生活だろうか?」
「この岡田って人、あんがい顔も悪くない!」
などの好意的意見が多かった。

明後日を最後に増毛駅詣では終わる。
今後薄毛の人々の信仰対象は増毛駅からオタキングの住んでいる吉祥寺駅に変わるかもしれない。
やっぱりすごいぞオタキング。