ヤマカンと岡田斗司夫のイベントに客が少なかった真の理由が判明!




昨夜のクリスマスイブに行われたオタキングこと岡田斗司夫とヤマカンこと山本寛監督のトークイベントは開催前から我々アニメオタクの間で噂となっておりかなりのヒトデが予想された。
しかし実際の来場者数は約20人ほどであった。評論家のイベントは来場者が一桁とかが珍しくないし、最悪の場合は客が一人しかおらず主催者とお見合い状態ということもある。だから約20人でもすごい数なのだがオタキングとヤマカンというアニメ業界のビッグスター二人の競艶イベントとしてはやや少なめの来場者数といえるだろう。
このような結果に終わった原因を論理的に調査分析してみたのだが、調査を進めるうちに驚きの事実が判明した!
な、ななな、なんと!紅白出場も果たしたあの人気声優グループμ’sの中心メンバー新田恵海さんがオタキングと同じ日にイベントを開催していたのだった!
新田さんとオタキングはどちらも過去に炎上を経験したりスイーツが好きなど共通点が多い。そのためファン層もかぶっている可能性は高い。
そして新田恵海さんは最近「ヴァンガードG」を降板したのでWUGの監督を降板したヤマカンとも共通点がある。
世の中には降板した人を専門に応援する「降板おたく」と呼ばれる人も多いのでヤマカンと新田さんのファン層もかぶっている可能性は高い。
また新田さんには引退の噂もネットニュースで報じられたこともあるためファンの間で「このイベントが見納めかも?!」という危機感が募ったと思われる。
おそらく本来はオタキングとヤマカンのイベントに行くはずの人達が新田さんのイベントの方に流れていったのだろう。
もし新田さんのイベントがなかったら昨夜の岡田斗司夫vs山本寛のトークバトルイベントには東京ドームにも収まりきれないほどの人々が押し寄せたかもしれない。
やっぱりすごいぞラブライブ!