テレ朝に喧嘩を売った大槻教授は岡田斗司夫に相談してはどうだろう?!





テレ朝の番組TVタックルはたまに長時間の特別番組を放送するのだが特に人気のある企画が「超常現象バトル」だ。
これは超常現象、要するにオカルトについて否定派と肯定派が激論を交わす熱い企画である。
否定派の代表として長年活躍しているのが大槻義彦早稲田大学名誉教授なのだが、その彼が、な、ななな、なんと!テレビ朝日を訴えると言うから大変だ!
訴える先は立法機関ではなくBPO人権委員会というところだそうだ。
大槻教授によるとこの番組でやらせがあって彼がそれを収録中に暴こうとして番組スタッフと揉めたようだ。
だがTVタックルにとって大槻教授は重要人物だ。それなのに揉めてしまった。これではテレ東のなんでも鑑定団の石坂さんと同じ道を辿って番組降板という結末になってしまうのではないだろうか?!あの番組は大槻教授がオカルト軍団をズバッと論破するのが爽快なのだ!大槻教授が降板してしまったら我々視聴者にとって大きな損失だ!
なんとかテレ朝と大槻教授が仲直りする方法はないのだろうか?!
例えばテレ朝に顔が利きなおかつ大槻教授の立場を尊重できるような偉大な人物に仲介してもらうというのはどうだろう?!
だがそんな偉大な人物がいるだろうか・・・

いた!

その人の名はオタキングこと岡田斗司夫!
かつてテレ朝の報道ステーションにゲストで出演し古舘伊知郎から「いろいろなお話が聞けました」とお褒めの言葉をもらった偉大な男だ!
またオタキングは朝日新聞で人生相談の連載をしたり、大阪朝日放送の「正義のミカタ」という番組に出演するなどとにかく朝日との関係が深い。
それだけではない。オタキングは元と学会の重鎮でオカルト否定派である。大槻教授と同じスタンスだ!
「僕の行動は全て社会実験」とのたまうオタキングにオカルトは無縁なのであーる。
やはりこの揉め事を解決できるのはオタキングしかいない!
たのむぞ僕らのオタキング!